日経平均の動きを元にした日経225先物とFXの売買をしています。そして人生を楽しく楽に生きる方法を書いていきます。

お知らせ


 2017.07.20New
アウトプットが利益の源泉!
http://tuiterusennin.blog109.fc2.com/blog-entry-8550.html

 2017.07.13Pick Up
本当に儲かる投資法とは!
http://tuiterusennin.blog109.fc2.com/blog-entry-8537.html

 2017.07.06Pick Up
ビギナーズラックは偶然ではない!
http://tuiterusennin.blog109.fc2.com/blog-entry-8519.html

 2017.07.01>Pick Up
一線を越えるから叱られるんだ!
http://tuiterusennin.blog109.fc2.com/blog-entry-8502.html




下の2つのバナーを1日1クリックしていただくと「ついてる仙人」の喜ぶ顔を想像することができます(笑) このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング

時空を超える「与える心」

2010 - 04/17 [Sat] - 07:57

この話は上田情報ビジネス専門学校、副校長の比田井和孝さんの書籍で知った話です。


1890年(明治23年)

オスマン帝国(現在のトルコ共和国)の船、エルトゥールル号が、台風に寄る強風に煽られ
紀伊大島の樫野崎の岩礁に激突し沈没するという事故がありました。

エルトゥールル号というのはトルコの軍艦ですが、日本と戦争をするために来たのではないのです。
友好的な外交の役割で日本に訪れ、横浜港に数カ月停泊した後、帰国する途中でした。

エルトゥールル号がトルコに帰るときに台風が来ていたので日本政府は出航をやめるように言ったのです。

しかし、事情があってエルトゥールル号はどうしてもトルコに帰らなければならなくて無理に出航したのです。

そして案の定、台風に遭ってしまい、紀伊半島の先の紀伊大島という小島の岩礁がおおく出ている岬の樫野埼に挫傷し、沈没してしまいました。

乗組員のほとんどが海に放り出されて、587名の方が死亡もしくは行方不明になっています。

けれど、中には一命を取りとめた乗組員もいて、命からがら、灯台のある崖を登りました。

40メートルもの崖を必死になって登って、灯台守に助けを求めたのです。

灯台守はビックリして村人たちを呼びに行きました。

紀伊大島は小さな島で50軒ほどしかないのです。

それでも島民全員が外国人を助けに行きました。

海岸に降りてみると船の派遣とおびただしい数の遺体です。

中には、わずかに息をしている人もいましたが、体が冷え切っていたのです。

島民たちは急いで自分の服を脱いで、その人達を抱きしめ、自らの体温で温めてあげたそうです。

そして、まだ命のあった69人の人たちを小学校やお寺に収容して看病をしました。

食料も衣服も与えたそうです。

しかし、大島村というのは漁村で台風が来ている時期は食料があまりなかったのです。

明治ですから貧しい時代ですよね。

50軒の村に69人もの人がいきなり増えたのです。

食料はすぐに底をつきました。

どうしようかと困り果てているところへ

「あの鶏を食べさせるしか無い」という声が上がりました。

大島村では、この村に何かがあった時のために非常食用として鶏を飼っていたのです。

村の人達が大切に育ててきた最後の砦とも言える食料です。

そんなにも大事な鶏でしたが大島村の人たちは

「人の命には代えられない」と乗組員の人たちに全部食べさせてあげました。

自分たちの持っているすべてを与えたのです。

さらに翌日には、和歌山県知事を通じて明治天皇にこの連絡が入りました。

明治天皇は本当に悲しんで、すぐに日本政府をあげて救助に向かいました。

救助に向かってもほとんどの人は亡くなっています。

それでも、多くの遺体を何日もかけて引き上げてきて、丁重に埋葬してあげたそうです。

さらに、日本政府は生き残った69人の乗組員たちを数カ月後に

「金剛」と「比叡」という2つの軍艦でトルコまで送り届けてあげたそうです。

当時の日本という国はこういう国だったのですね。

暮らしは貧しいがみんな「思いやりの心」を持っていて困った人があれば助けてあげる。

それが当たり前の国だったのです。


時は過ぎて95年後の1985年のことです。

イランイラク戦争が起こりました。

当時のイラク大統領であるサダム・フセインがとんでもないことを言い出しました。

「今から48時間後にイラン上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」と声明を出したのです。

民間機・軍用機を問わず打ち落すと言ったのです。

イランには、外国からたくさんの人達が仕事やいろいろな事情できていたのです。

この宣言が出てから世界各国は驚いて一刻も早く国民を助けなければとイランに飛行機を飛ばして自国の国民を連れて帰りました。

この時日本人も215人がイランに残っていました。

しかし、日本政府は飛行機を飛ばすことが出来ませんでした。

危険な地域ですから軍用機を飛ばせばいいのですが憲法9条があり当時は自衛隊は海外に行けなかったのです。

そこで、日本政府はある民間航空会社にお願いをしました。

飛行機を飛ばして日本人を助けて欲しいと。

ところが、その会社からは反対の声が出るのです。

「自衛隊も飛べないような危険なところになんで民間人を行かせるんだ。」と。

もめにもめているうちにタイムリミットは迫ってきます。

他の国の人たちはみんな自国の飛行機が迎えに来てどんどんとイランから飛び立っていくのに日本人だけが取り残されているのです。

日本人はパニックになりました。

「もしこのまま日本が助けに来てくれなかったら、この後戦争はどうなるかわからない。ひどいことになり自分たちは殺されるかもしれない」

単身赴任で来ている人もたくさんいました。

しかし、48時間のタイムリミットが迫った1時間15分前にテヘラン空港に2機の飛行機が降り立ちました。

そして、日本人全員を飛行機に乗せて飛び立ったのです。

「ああ、これで生きて日本に帰ることが出来る」とみんな大喜びでした。

この飛行機は日本の飛行機ではなかったのです。

トルキッシュエアライン、トルコ航空の飛行機だったのです。トルコの民間機だったのです。

なぜトルコの飛行機が日本人をたすけてくれたのでしょうか。

元駐日トルコ大使のネジアティ・ウトカンさんはこう言ったそうです。

「95年前のエルトゥールル号の事故に際し、大島の人たちや日本人がしてくださった献身的な救助活動を

今もトルコの人たちは忘れていません。

トルコでは子どもたちでさえ、エルトゥールル号のことを知っています。

それを知らないのは日本人だけです。」


実はこの時、日本政府はどうにもならなくなってトルコに飛行機を出してくれと頼んだのです。

その時にトルコ政府は二つ返事でOKしたそうです。

しかし、民間機ですから航空会社に連絡がはいるわけです。

パイロットたちを集めて、日本人を助けに行ってくれる人を探さなければなりません。

「これから日本人を助けにいくために飛行機を出さなければならない。すごく危険なところだが誰か行ってくれないか」と言ったときに何人ものパイロットが手を挙げたそうです。

「日本人を助けに行くなら喜んで私が行きます」と何人ものパイロットが手を挙げてくれたそうです。

日本人は日本人を助けることが出来ませんでした。

危険だからという理由で飛行機を出すことが出来なかったのです。

しかし、トルコの人たちはその飛行機を二つ返事で出してくれたのです。

トルコの人たちは自分たちの先祖が受けた恩を忘れていなかったのです。

エルトゥールル号の救助に関わった人たちはこのトルコの飛行機が飛んだ95年後には生きていません。

しかし、大島村の子どもたちは自分たちの祖先がすごかったんだと思っているでしょう。

自分たちの誇りですね。

そして自分たちもそんな生き方をしようと思っているのではないでしょうか。

現在でも日本とトルコは共催で大島において慰霊祭を行っているそうです。

日本人もトルコ人もすばらしい心を持っているのですね。

人間というのは本来このようにすばらしい「与える心」を持っているのですね。

私はこの話を聞いて涙が止まりませんでした。


この話が載っている本は、

「私が一番受けたいココロの授業 講演編」 ごま書房新社 

です。

他にもステキな話がいっぱいありますので是非お読みください。





このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログ村ランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。
よろしければ下の青地に白字のバナーを1回クリックお願いします。
おかげで今日もブログの更新が楽しいです


にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

関連記事

そうですね。

大島の話、イランの話、両方知っています。 

今、日本はとんでもない犯罪が多発するありさまです。 でも昔の日本人の心を持った人もまだまだたくさん居ると信じています。 早く本来の「日本人の心」が戻って来ますように。。。

感動しました

素晴らしいお話しありがとうございました。
読みながら涙がこぼれてきました。
「与える心」は自分も他人も幸せにしますね。そしてそれは時空を超えて受け継がれていく・・・・
教訓に致します。

昨日、仙人さんにたくさん与えられました。今日も与えられました。

日本人の心

>ヤマさん

コメントありがとうございます

仰る通り日本人の中にもまだまだ昔の心を持った人が多くいると思います。

今の日本の環境がそれを出させないようにしているのかもしれませんね。
本来の心は日本人全員が持っているのかもしれません。

このブログが少しでもみんなの役に立つことができればいいなと思っています。

私も泣きました。

>こう之助さん

私も涙が止まらなくなりました。
その話を聞いて
相田みつをさんの書が思い浮かびました。

「うばえ合えば足りぬ、わけ合えばあまる」

与える

>ノブさん

ありがとうございます。

こうしてみなさんにコメントをいただけることを嬉しく思います。
私も与えられているんだなぁと感じます。

感謝します。

すばらしいですね

自然と涙があふれてきました

感謝です

>けいこさん

私もこの話を聞いたときは自然と涙があふれてきました。


良い話を教えていただいてありがとうございます!
「困った人には手をさしのべる」・「受けた恩は忘れない」
こうした当たり前のことができる日本人でいきましょう!(^-^)

ありがとうございます。

>自転車最高!さん

コメントありがとうございます。
当たり前のことを当たり前にする。
簡単そうに思えてなかなかできないのかもしれませんね。
でも、出来る限り実行していきたいと思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tuiterusennin.blog109.fc2.com/tb.php/1587-5a752c0e

 | HOME | 

M2Jさんとコラボ

マネースクウェアジャパンさんで 口座を開き取引開始で
ついてる仙人の本を
もれなくプレゼント!
マネースクウェア・ジャパン タイアップ

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券さんで 口座を開き取引開始で ついてる仙人の本を プレゼント!
岡三オンライン証券 日経225先物取引

私の本・DVDを紹介します


幸せなお金持ちに
なるための
株・日経225先物
儲ける「勝脳」の鍛え方


幸せなお金持ちに
なるための
日経225先物
必勝トレード術


【増補改訂版】 日経225先物 ストレスフリーデイトレ勝利の方程式


幸せなお金持ちになるための
FXストレスフリートレード術


ついてる仙人がが大切にする
トレードルール99plus1


【増補改訂版】 株・日経225先物 勝利のチャート方程式


【DVD】運とツキを呼ぶ 225先物デイトレードのシナリオ売買
tuiterudvd.gif
新品DVD \5,184- 
ご購入は→こちら←

DVD 運とツキを招く 225先物の実践取引
untotsuki.gif
新品DVD \4,104- 
ご購入は→こちら←


ついてる仙人をお気に入りに追加

プロフィール

ついてる仙人

Author:ついてる仙人
「ありがとう」を言うだけで幸せな人生が待っています。
天国言葉で人生を楽しく楽に生きている「ついてる仙人」です。
そして株式と日経225先物の売買の考え方を随時公表していきます。

1日1押しで幸せがやってくるかも

カレンダー記事リンク

カレンダーの日付をクリックすると、その日のブログを見ることができます。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント19

openclose

ブログ更新メール通知はこちら

RSS更新通知パーツ

検索フォーム

DREAM-CATCHER

相場塾講師のブログ

人生を楽しく楽に生きる日記集

・2万5千回のありがとう

「ツキ」と「運」

お金の途絶えない財布の作り方

「ことば」と「諭吉様」の話

金欠病は習慣病

努力はしちゃダメだよ

トイレの神様

ご機嫌?不機嫌?

会社と恋する?愛する?恋愛する?

幸せな国と幸せな会社

自己重要感のすすめ

世の中どうでもいい

世の中の人には事情がある

君は何のために働くんだい?

毎日感動すると人生は楽しい

お金儲けってステキなこと

刑務所の塀の上を歩いている

鈍行列車

私はシンプルに生きています。

1854年の手紙

幸せは幸せを呼ぶ

真の教育とはなんだろう?

世の中には流れがある

運命は変えられる

お金ってなんだろう?

自由への一歩

時空を超える「与える心」

読書は心の栄養

楽しくなければ仕事ではない

お金ってな~に?

実行しよう

心の栄養

思いやり

笑うだけで楽しくなるんだよね。

人間は感情があるから怒るのは当たり前だ

今日という日

人生の師がいると成功への道が見える

幸せは心が決めている

たった一度の人生

すべては今始まる。そして運が始まる。

ありがたい ありがたい

億万長者になるためには?

金欠病のテスト

金欠病のテストの続き

幸せな国と幸せな会社

人はなぜ怒るのだろう?

遊んだときの消費カロリー

電車の席をゆずりますか

ケーキを仲良く分ける方法

期待するから苦しくなる

梅干食べてスッパマン

商人は「えこひいき」するんです。

ミスを楽しもう

正しいか正しくないか?

株式市場は動物園

夢を小さく持とう

ちょっとアホになろう

眼力

勝ち組・負け組

天国言葉と地獄言葉

いいこと?悪いこと?

今日の気分は◯?☓?

常識を破る

人を責めると自分が辛くなる

向き・不向き

できる・できない

今、この瞬間が幸せ

今という時間は神様からの贈り物

人間が本能的に持っている感情

やわらか頭だけではなくすべてやわらかく

儲かる人と儲からない人の違い

あなたの夢はなんですか?

人間はひとりでは生きられない

人間は感情で動くもの

人は他人と自分を比べて生きている。

幸せの感じ方

執着せずに楽しく生きよう

言葉は人生を決める

不安を感じながら生きよう

卒業生に贈る言葉

仕事は楽しい!

今の仕事は天職?

人間の心は熱気球

人間だけにある笑う能力、泣く能力!

忙しく暮らしていると見えないものがある

言葉は宇宙を旅して戻ってくる

三日坊主は当たり前

自分を作っているのは自分の心

使われないものは退化する

抽象的な目標ではなく具体的な目標を立てる

「ミミズ」と「もぐら」

相場ごっこ

相場で儲かるのも、「うさぎ」よりも「かめ」だった。

家は3軒建てると理想の家になる

私たちにできること

動いて当然だから感謝する。

ジャイアンになろう。

気づいた時がやり時!その時!

仕事と遊び

トレードは楽しい社長業