FC2ブログ

日経平均の動きを元にした日経225先物とFXの売買をしています。そして人生を楽しく楽に生きる方法を書いていきます。

お知らせ


 2020.10.13New
【2本のビンとビー玉10個で相場に勝つ!】
http://tuiterusennin.blog109.fc2.com/blog-entry-11238.html





下のバナーを1日1クリックしていただくと「ついてる仙人」の喜ぶ顔を想像することができます(笑) このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです。ありがとうございます。 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

ストップ(ロスカット及び利食い)の考え方

2020 - 07/09 [Thu] - 13:24

損切りについてコメントをいただきました。


なぜ損切りをするのでしょうか。

損をすることがわかっているのに損切りをします。

損切りしたら損失が確定するのです。

それなのに私達は損切りをします。

その理由は資金の減少を最小限に抑えるためです。

相場から退場しないようにするためです。

損切りの方法は多くあります。


エントリー条件否定がロスカットの基本ですが、ロスカットには多くの種類があります。

●価格のストップ
●パーセントストップ
●マネーマネージメントストップ
●ディザスターストップ
●テクニカルストップ
●タイムストップ
●トレイリングストップ



●価格のストップ

価格のストップは、単純で分かりやすいです。

エントリー価格からマイナス何円になったら損切りをするというルールのストップです。

1回の売買における損失を一定額に限定する為のストップです。

問題になるのは、エントリー価格から何円離れた価格をストップ価格に設定すればよいのかということです。

エントリー価格からストップ価格までの設定幅が狭すぎるとすぐにストップにかかります。


●パーセントストップ

これも簡単なストップの方法です。

エントリー価格から何%株価がエントリー方向と逆方向に動いたかでストップ価格を設定するという方法です。

価格のストップと非常に近い感覚のストップです。


●マネーマネージメントストップ

マネーマネージメントストップは書籍により複数の違う説明がなされていますので理解しづらいかもしれません。

私の考えでは、マネーマネージメントストップという名称なので、

自分の資金量により許容できるリスク、1回のトレードでの最大許容量をストップに設定するということだと思っています。


●ディザスターストップ

「disaster」を辞書で引くと、思いがけないとか災害という意味になります。

スウィングトレードなどで使われるストップで、ストップの位置を現在価格から大きく離れたところに置く方法です。

ストップ価格が現在の価格から大きく離れているので通常めったにロスカットにかかることはありませんが

テロなどの大きなニュースなどがあるとストップアウトして、

自分の資金をすべて失うなどの最悪の事態は避けることができるというストップの方法です。



●テクニカルストップ

これは、テクニカル分析に基づいてストップ価格を決めるストップです。

テクニカルを使ったストップなのでテクニカルによりストップの設定方法が異なります。



●タイムストップ

エントリー後手仕舞いする一定の時間を決めておき、その時間内に利益が出なければ一旦トレードを止めるというストップです。



●トレイリングストップ

買いエントリーで相場に参加した場合、相場が自分のシナリオ通りに動き株価が上昇すれば含み益が膨らんでいきます。

この時点ではエントリー前に決めたストップポイントより現在の価格は大きく離れている状態にあります。この状態から株価がエントリー価格に戻ると含み益が減り、さらに下がれば含み損になってしまいます。

含み益であってもせっかく得た利益は失いたくないし、反転しストップに掛かり負けトレードで終わるのはもっと嫌ですね。

含み益があってもその建玉を返済し手仕舞わなければ実益にはなりません。

取らぬ狸の皮算用ということにもなりかねません。

そういう時にロスカット価格を自分の思惑通りの動き、利益の上がっている方向に移動するストップをトレイリングストップと言います。

利益を確保しながら利益を伸ばすというストップの手法です。

このストップはとても有効なので私は大好きです。

複数枚売買を行う場合、最後の数枚はこのトレイリングストップを使用して手仕舞いをします。





これらのストップの中から、自分にあったストップの方法を見つけることです。


トレイリングストップは利食いに使うので、ロスカットのストップには使いません。





このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下の2つのバナーを1回ずつクリックお願いします。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ブログランキング


Tradingviewでもトレードアイデア公開していますので、
フォローしていただけると嬉しいです。
https://tradingview.go2cloud.org/SH4Ic

https://jp.tradingview.com/u/tuiterusennin/

時間の調整と価格の調整

2020 - 01/11 [Sat] - 16:12

コメントで質問を頂いています。

【何分足の調整かの判断】について質問があります。

・調整には「時間の調整」と「価格の調整」がある。(これは理解しています)

・25期間移動平均線と75日移動平均線と株価との位置関係から判断する。

これが唯一の判断基準かと思っていたのですが、これは間違いでしょうか?

よく考えてみれば、この判断基準は「価格の調整」時のみで、「時間の調整」の時は、使えないことがあることに、遅まきながら気付きました。

【質問1】
 今朝のブログで、この「時間の調整」を、60分足の調整と判断されているのは、「調整の継続時間の長さ」からの判断でしょうか?
もしそうなら、その長さの判断基準は?

【質問2】
 何分足の調整かの判断基準に、「25期間移動平均線と75日移動平均線と株価との位置関係」以外の基準を使うことがあれば、ご教示ください。

調整には、価格の調整と時間の調整の2つがあります。

次の図をご覧ください。
20200111-01.png


この図は上昇の動きに対する調整を表しています。

青線の動きが価格の調整です。

赤線の動きは時間の調整です。

そしてこの図にはありませんが時間の調整と価格の調整が合わせてすすむ調整もあります。

また、価格の調整と言っても価格だけが下がるのではなく当然時間も経過しますので価格が主になる調整と捉えてください。

時間の調整も同様にまったく価格が動かないわけではないので時間が主になる調整ということになります。

上昇相場でも下落相場でも調整というのは株価が行き過ぎたことによる修正のことです。

一方的に株価が動いたのでその動きに対して調整が入るということです。

なぜ調整がはいるのかというと、一方的に上昇しているとある価格帯で買い方の利食いの売りと新規の売りが入ります。

その売りに対してもう相場は終了して反転するのではないかと考える参加者が出てきます。

それらの参加者も利食いによる売りを行うのです。

そしてそれらの売りが終了すると再びトレンド方向への力が強くなるのです。

この途中で降りる参加者の行動が調整を呼ぶのです。

調整というのはあくまでも強い動きに対する反トレンドの動きです。

「行き過ぎた押しに対する調整」というのはありません。

この様な現象になっている時は調整ではなくトレンドが転換しています。

上昇の場合を例に詳しく説明します。

上昇していた株価が、一旦天井を付け調整(下落)に入ります。

早く売りたい人が多い状況になると価格の調整が起こります。

早く売りたいという状況は、例えば下落転換から上昇転換になる時です。

下落転換から底らしくなった後、第一段目の上昇が開始します。

この時点ではまだ上昇に転換したかどうかは、参加者は確信が持てませんのでいつ元に戻り下落するかもしれないと不安な気持ちでいます。

少しくらい安い株価になっても利益があるうちに売ってしまおうと考えるのです。


【質問について】

この日の60分足です。
20200111-02.png

チャートを見て分かるように時間の調整です。

上昇してヨコヨコになるのが時間の調整です。

23780円でピークが確定していますのでアヤ押しではなく通常の押しになりました。

よって、価格の調整と考えてもいいのですが、22910円から23780円までの上昇に対しての下落幅が小さいですね。

23780円から23690円まで90円の下落です。

870円の上昇に対して90円の下落ですから10.3%の調整です。

10%程度の下落であれば時間の調整だと考えていいでしょう。

この様なことから今回はアヤ押しではありませんが、時間の調整だと考えてもいいでしょう。

また23780円からの本数はチャートを掲載した時点で12本です。

60分足のトレンドはこの時点では高値切り上げ安値切り下げのトレンドレスです。

トレンドレスにおける下落波動ということになりますね。

2018年から2019年までのトレンドレス時の下落波動の統計値は次のようになります。

20200111-03.png


下落幅の平均は342円、中央値は260円です。

下落本数の平均は10.91本、中央値は8本です。


下落本数は平均値中央値ともに超えてきていますが、下落幅は中央値にも届いていません。

つまり、時間の経過に対して価格の下落が非常に少ないということです。

この動きが時間の調整ということになります。









このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下の2つのバナーを1回ずつクリックお願いします。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ブログランキング

トレンド及び波動確認画面について

2019 - 08/29 [Thu] - 10:36

トレンド及び波動確認画面について質問を頂きました。

どの様に見るのかが不明ということです。

次の画像が確認画面です。
20190829-dd.png

大きな赤枠で囲っている部分が60分足のトレンド及び、波動確認画面です。

一番上が年月日、時間を表示しています。
9:45時点の60分足の状況ということです。

高値の推移は20600-20550となっていて、切り下げていることを表示しています。

安値の推移は20380-20310となっていて、こちらも切り下げていることを表示しています。

高値安値共に切り下げなので、下降トレンドとなります。

下降トレンド、上昇波動となっている上昇波動の部分ですが、これは短期波動の向きを表しています。

次のチャートをご覧ください。
20190829-60d.png

20310円のボトムまで確定してます。

ボトムが確定してるというのは上昇波動になっているということです。

今後ピークが確定すると下落波動になります。

つまり、9:45の時点では下降トレンドにおける上昇波動ということになるのです。

確認画面の一番下には、波動の転換値が表示されています。

20420円になっていますので、今後20420円を割り込むと上昇波動から下落波動に転換するということです。

現在の足は20420円を割り込み20360円まで下がっています。

つまり、下落波動に転換することが決まったということです。

表示画面では上昇波動のままですが、今の足が確定すると表示画面も下落波動に変わります。

ザラ場が始まるのは8:45なので、60分足のローソク足が確定するのは9:45  10:45となるのですね。

よって、トレンド確認画面では10:45になると画面上でも追認されることになります。









このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下の2つのバナーを1回ずつクリックお願いします。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ブログランキング

エントリータイミングについて

2018 - 09/12 [Wed] - 09:35

エントリータイミングについて質問を頂いています。

----------------------------------------------

いつも楽しく拝見させてもらっています。
一つご質問です。
上がって来たところでとか、下がって来たとこで買う?売るとはどんな指標、タイミングでやられてますか!
いつもそのタイミングを逃してしまいます。。。。
よろしくお願い致します!!

----------------------------------------------


エントリーのタイミングを細かく分けると次の6つの方法にすることができます。

1.直近の高値を突破した時
2.メインの時間軸の足のローソク足をブレイクした時
3.メインよりも短い時間軸の足のローソク足をブレイクした時
4.30円動いて20円の指値(安値から30円上昇した後、その10円下で指値)
5.20円動いて10円の指値(安値から20円上昇した後、その10円下で指値)
6.指値で待っておく(下げているところを指値で待つ)

20180912-01.gif


1~6のエントリーを図で表すとこの様になります。

この1~6の中で基本となるのは2番と3番のエントリータイミングです。

これらのエントリータイミングそれぞれの特徴は次の通りです。

1.直近の高値を突破した時(ブレイクエントリー)
直近の高値のブレイクを持ってトレンド方向に動き出したと判断するということです。
ブレイクのエントリーはロスカットが遠くなります。
なので、初心者は損失を受け入れてロスカットができずに
損失が更に大きくなったり、ナンピンになったりと、どんどん深みにはまってしまう
可能性が高くなります。注意が必要ですね。

2.メインの時間軸の足のローソク足をブレイクした時
足の高値ブレイクをエントリー条件にする方法です。
足のブレイクをトレンド再開の合図にすることによって、早くエントリーしようとする方法です。
足のブレイクをするだけの動きを確認してからになるので、心理的にもエントリーしやすく調整完了と思ったらまだ調整だったという騙しの確率が減ります。


3.メインよりも短い時間軸の足のローソク足をブレイクした時
3のタイミングは、2のタイミングよりも短い足のブレイクを利用する方法です。
2のタイミングより早くエントリーできることになるので、2のタイミングよりもロスカットが小さく出来ます。
こちらも足のブレイクを合図にするので心理的にエントリーしやすいです。
ただし騙しにあう確率は、2よりも高くなります。

4.30円動いて20円の指値(安値から30円上昇した後、その10円下で指値)
4のタイミングは、ブレイクではなく、価格の動きだけでトレンド再開の合図にする方法です。
たとえば9000円まで調整して9030円がついた時に、9020円で指値をするということです。
したがって、安値から20円上で買うことになります。
ロスカットは、9000円が安値でなかったときになるので 8990円がロスカットになり
30円がロスカット幅ですね。
これの利点は、ロスカットになっても小さな損失で済むということです。
ただし、安値と判断する精度が低いとだましが多くなります。

5.20円動いて10円の指値(安値から20円上昇した後、その10円下で指値)
5のタイミングは、4のタイミングよりもさらに10円安く買う方法です。
上級者用です。
5のタイミングでのエントリーになると、20円の反発だけでエントリーになるので
どちらかというと逆張りの部類になります。
大きいトレンドは、順張りですが、エントリーが逆張りということですね。
ただしこの後の6番と違い、20円の確認があるので
一気に売られる場合は見送りになりますし、板の状況、その時の場味などを加味することができます。
最小限の確認はできるということですね。

6.指値で待っておく(下げているところを指値で待つ)
こちらも上級者用です。
6のタイミングは完全に逆張りですね。ただし大きいトレンドで見ると順張りになります。
うまくいけば短い時間軸での底で買うことが出来ます。
早めに指値を入れておけば、約定の順番も有利になりますね。
ただし、指値が届かないと約定しませんし、一気に下がると買ったすぐにロスカットになる危険性が高くなります。
さらに、ロスカットの設定をきっちりしておく必要があります。

上級者用と書くと、まだ私には早いと思うかもしれませんが
いつも同じエントリー方法を使う必要はありません。

たとえば、強い支持線があり、確率高くその支持線で反発することが予想されるとするならばいかがでしょうか。
ブレイクまで待つよりも少しの反発でエントリーしたほうがいいと思いませんか。

私の手法は後で説明する分割売買という武器があるので仮にエントリーした後に、あまり上昇できなくても1回目の利食いができるとトントンで逃げることが出来ます。

また値動きが少ない時に、のタイミングである足のブレイクでエントリーとなると、そこから利食いできるだけ動くという可能性が低くなります。
そういう場合は、4のタイミングでのエントリーでも十分トレンド方向に動き出したと判断することが可能でしょう。
そして、1のタイミングである直近高値のブレイクエントリーというのも状況により武器になります。

これらを使い分けることによって、柔軟な対応ができるようになります。
多くのチャートを見て各タイミングでのエントリーを見てくださいね。









このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下の2つのバナーを1回ずつクリックお願いします。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ブログランキング

ピークとボトム求め方のルール

2018 - 07/15 [Sun] - 20:49

ピークとボトムの求め方について質問をいただいています。

ここに求め方のルールを記しておきます。


■ピークとボトム求め方のルール
-------------------------------------------------------------

上昇中、直近7本の安値を下回ったら
ピークが確定する。

下降中、直近7本の高値を上回ったら
ボトムが確定する。

-------------------------------------------------------------

今年から直近7本の高値安値を使った求め方を採用しています。

私はこれを「HL7」と呼んでいます。


上昇中は、直近7本安値をチェックしておきその安値を下回ったら、ピークが確定となります。

下降中は、直近7本高値をチェックしておきその高値を上回ったら、ボトムが確定となります。



■HL7ピークとボトムを求める流れ

まず、図をご覧ください。
zu1.gif
図1

図1の赤線で囲ったところを拡大したのが図2となります。

zu2.gif
図2

現在が赤丸の地点だとします。

その時の直近のローソク足7本というのは、数字で書いてある、1~7となります。

1~7の足で、一番高いのは、1番の足の高値となります。

これが、直近7本の高値です。


1~7の足で、一番安いのは、6番の足の安値となります。

これが、直近7本の安値です。

zu3.gif
図3

図3は、図2から1本進んだ状態です。

1本進むと、直近7本なので、1本ずつ右にずれます。

図2の1番が外れていますので、直近7本の高値は下がりました。

図2と見比べてくださいね。

安値の方は、変わらずです。

zu4.gif
図4

図4は、図3から1本進んだ状態です。

もう1本進んだ事によって、図3の1番が外れてまたも直近7本の高値は下がりました。

このように、1本進むごとに、7本の高値、7本の安値は、ずれていきます。

zu5.gif
図5

図5は、図4から更に進んだ状態です。

この時、赤丸は、直近7本の高値である7番の高値を超えました。

zu6.gif
図6

図5の赤丸に印をしています。

図6のチャートは、直近高値7本と直近安値7本をつなぎ合わせたものです。

ラインが引かれていますね。これは、ハイローバンド(HLバンド)というもので

ドリームチャートでは、HLBand(7本)の指標となります。

赤丸の所で、HLバンドが上に上がっています。
こういう所は、直近高値7本を切り上げたところということになります。

zu7.gif
図7

高値を切り上げた所に赤丸、安値を切り下げた所に青丸をつけています。

連続している所は省いています。


最初に書きましたが上がっているときは、ピークは確定しません。

上がった後に、ある程度下がると、ピークが確定するということでした。

従って、 上がっているときは、ある程度下がるかどうかを見ていきます。

zu8.gif
図8

図8のチャートを見て頂くと分かるようにA地点で、上昇していますので、

今は、ある程度下がるのを見ていきます。

1番の青丸で、安値を切り下げました。

安値が切り下がった → ピークが確定

1番の地点で、それまでの一番高い値がピークとなります。

なので、A点がピークとなります。

ピークが確定したので、今度は、ボトム確定はいつかを見ていきます。

ボトムが確定するのは、ある程度上がるということになるので
今度は、高値の切り上げを見ていきます。

2番で高値が切り上がりました。

高値が切り上がった → ボトムが確定

2番の地点で、前回のピーク以降で、それまでの一番安い値がボトムとなります。

なので、B点がボトムとなります。


2番でボトムが確定したので、今度は、ピーク確定はいつかを見ていきます。

ピークの確定になるのは、安値を切り下げた所となるので3番となります。


3番でピークが確定し、C点がピークとなります。

同様にして

4番でボトムDが決まり、5番でピークEが決まります。

6番でボトムFが決まり、7番でピークGが決まります。

同値が出た場合は、後で出たところになります。

D点、G点は、同値がその前にありますが、最後に出たところになります。


これがピークとボトムを求める方法になります。

分かりづらいかもしれませんが、何度も繰り返し読んで理解してくださいね。





このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下の2つのバナーを1回ずつクリックお願いします。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ブログランキング

 | HOME |  »

私の本・DVDを紹介します


「リピート系自動売買・裁量トレードのトリセツ」
~僕が億り人になれた理由~


「株・日経225先物・FX すべての答えはチャートにある」
~相場を生業とする個人事業主として生きる~


幸せなお金持ちに
なるための
日経225先物
必勝トレード術


【増補改訂版】 日経225先物 ストレスフリーデイトレ勝利の方程式


幸せなお金持ちになるための
FXストレスフリートレード術


ついてる仙人がが大切にする
トレードルール99plus1


【増補改訂版】 株・日経225先物 勝利のチャート方程式


幸せなお金持ちに
なるための
株・日経225先物
儲ける「勝脳」の鍛え方


【DVD】運とツキを呼ぶ 225先物デイトレードのシナリオ売買
tuiterudvd.gif
新品DVD \5,184- 
ご購入は→こちら←

DVD 運とツキを招く 225先物の実践取引
untotsuki.gif
新品DVD \4,104- 
ご購入は→こちら←


ひと押しが私のモチベーションです

マネースクエアさん

マネースクエアさんで 口座を開き取引開始で
ついてる仙人の本を
もれなくプレゼント!
マネースクウェア・ジャパン タイアップ

岡三オンライン証券さん

岡三オンライン証券さんで 口座を開き取引開始で ついてる仙人の本を プレゼント!
岡三オンライン証券 日経225先物取引

ついてる仙人をお気に入りに追加

プロフィール

ついてる仙人

Author:ついてる仙人
「ありがとう」を言うだけで幸せな人生が待っています。
天国言葉で人生を楽しく楽に生きている「ついてる仙人」です。
そして日経225先物とFXの売買の考え方を随時公表していきます。

カレンダー記事リンク

カレンダーの日付をクリックすると、その日のブログを見ることができます。
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント19

openclose

ブログ更新メール通知はこちら

RSS更新通知パーツ

検索フォーム

ついてる仙人のウェブマガジン


DREAM-CATCHER

ドリームチャート

相場塾講師のブログ

人生を楽しく楽に生きる日記集

・2万5千回のありがとう

「ツキ」と「運」

お金の途絶えない財布の作り方

「ことば」と「諭吉様」の話

金欠病は習慣病

努力はしちゃダメだよ

トイレの神様

ご機嫌?不機嫌?

会社と恋する?愛する?恋愛する?

幸せな国と幸せな会社

自己重要感のすすめ

世の中どうでもいい

世の中の人には事情がある

君は何のために働くんだい?

毎日感動すると人生は楽しい

お金儲けってステキなこと

刑務所の塀の上を歩いている

鈍行列車

私はシンプルに生きています。

1854年の手紙

幸せは幸せを呼ぶ

真の教育とはなんだろう?

世の中には流れがある

運命は変えられる

お金ってなんだろう?

自由への一歩

時空を超える「与える心」

読書は心の栄養

楽しくなければ仕事ではない

お金ってな~に?

実行しよう

心の栄養

思いやり

笑うだけで楽しくなるんだよね。

人間は感情があるから怒るのは当たり前だ

今日という日

人生の師がいると成功への道が見える

幸せは心が決めている

たった一度の人生

すべては今始まる。そして運が始まる。

ありがたい ありがたい

億万長者になるためには?

金欠病のテスト

金欠病のテストの続き

幸せな国と幸せな会社

人はなぜ怒るのだろう?

遊んだときの消費カロリー

電車の席をゆずりますか

ケーキを仲良く分ける方法

期待するから苦しくなる

梅干食べてスッパマン

商人は「えこひいき」するんです。

ミスを楽しもう

正しいか正しくないか?

株式市場は動物園

夢を小さく持とう

ちょっとアホになろう

眼力

勝ち組・負け組

天国言葉と地獄言葉

いいこと?悪いこと?

今日の気分は◯?☓?

常識を破る

人を責めると自分が辛くなる

向き・不向き

できる・できない

今、この瞬間が幸せ

今という時間は神様からの贈り物

人間が本能的に持っている感情

やわらか頭だけではなくすべてやわらかく

儲かる人と儲からない人の違い

あなたの夢はなんですか?

人間はひとりでは生きられない

人間は感情で動くもの

人は他人と自分を比べて生きている。

幸せの感じ方

執着せずに楽しく生きよう

言葉は人生を決める

不安を感じながら生きよう

卒業生に贈る言葉

仕事は楽しい!

今の仕事は天職?

人間の心は熱気球

人間だけにある笑う能力、泣く能力!

忙しく暮らしていると見えないものがある

言葉は宇宙を旅して戻ってくる

三日坊主は当たり前

自分を作っているのは自分の心

使われないものは退化する

抽象的な目標ではなく具体的な目標を立てる

「ミミズ」と「もぐら」

相場ごっこ

相場で儲かるのも、「うさぎ」よりも「かめ」だった。

家は3軒建てると理想の家になる

私たちにできること

動いて当然だから感謝する。

ジャイアンになろう。

気づいた時がやり時!その時!

仕事と遊び

トレードは楽しい社長業

閻魔様に舌を抜かれるぞ!

一線を超えるから叱られるんだ

ハングリー精神

「はく」というもの!

ケチな人とケチではない人

幸せなお金持ちになろう

トレードでプレッシャーを感じないために!

相場はロールプレイングゲーム

あれ?どこに置いたっけ?

子供ってスゴいんです。

1万時間の法則

タイムマシン

幸せなケチという生き方

人間は非力だからすごい

ビギナーズラック

必死でやると必ず死んじゃいます。

行動力がお金持ちを生む

がんを見つけるPET検査って知ってますか?

お金を貯める方法

何年たったら相場の上級者?

カラスとヘビ

仕事は誰のためにするのか

馬の合わない人

お金は大切なものです

儲からない。どうして儲からないんだ。

10人のインディアン

バランスをとる

アリとキリギリス

生き金と死に金

なぜ、お金が貯まらないのか?

塩を運ぶロバ

ザクロとリンゴといばら

キツネとオオカミ

イタチとやすり

相場のカーナビ

シャンパンタワーの法則

砂糖水と塩水

自分で考えることが大切!

トイレに行くとき、どうする?