FC2ブログ

日経平均の動きを元にした日経225先物とFXの売買をしています。そして人生を楽しく楽に生きる方法を書いていきます。

お知らせ


 2020.02.05New
【自分は相場をやることに向いているのだろうか?】
http://tuiterusennin.blog109.fc2.com/blog-entry-10729.html

 2020.01.18PickUp
【自分で考え自分が行動する】
http://tuiterusennin.blog109.fc2.com/blog-entry-10695.html




下の2つのバナーを1日1クリックしていただくと「ついてる仙人」の喜ぶ顔を想像することができます(笑) このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ブログランキング

自分は相場をやることに向いているのだろうか?

2020 - 02/05 [Wed] - 20:09

自分は相場をやることに向いているのだろうか?

この様に思ったことはありますか。

相場の勉強をせずに取引をしていて、大きな損失を出した後にはこの様なことを考えたことがあるのではないでしょうか。

私達は将来の株価の動きを知ることはできません。

正確な予想をすることもできません。

つまり、相場をやっている限り勝率100%というのは有り得ないのですね。

100戦100勝というのは有り得ないのです。

相場というのは勝ったり負けたりしながら取引を繰り返し月間または年間を通じて損失よりも利益を多くすることを目的として行うのです。

年間を通じて損益をプラスにするためには損失を少なくし、利益を大きくすることは大切なことです。

でも、それがなかなかできないのですね。

それをするために重要なことは、自分の失敗を素直に認めるということです。

そしてその失敗をしっかりと受け入れるということです。

自分の考えは正しいんだ。間違っているのは相場の方だ!といくら叫んでみても利益にはなりません。

それどころか損失が膨らんでいくだけです。

意地になって自分の失敗を認めずに含み損を確定させずに損切りをためらっていると最終的には自分の資金がなくなり

相場からの退場という現実が待っています。

学歴が高い人ほど自分の失敗を認めづらいようです。
名門高校から名門大学を出て有名企業に就職し、順調に出世をしていった人ほど自分の失敗を認めたくないという気持ちが大きくなる傾向があります。

ウォーレン・バフェットは次の様に言っています。

「ロケット工学で博士号を取る必要はありません。投資とは、知能指数160の人間が130の人間を倒すゲームではないからです。」
「合理的かどうかが問題です。」

高度な教育を受け、プライドが高い人ほど自分の能力を過信し、負けを認めるべき局面になっても合理的になれず、傷を深める結果になる可能性が高いのではないでしょうか。

エントリー後、自分の思惑と違う動き、シナリオに反する動きになった場合には、すぐに自分の間違いを認めロスカットをして資金を守る必要があります。

それが相場の世界で生き残っていく方法です。











このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下の2つのバナーを1回ずつクリックお願いします。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ブログランキング

自分で考え自分が行動する!

2020 - 01/18 [Sat] - 12:58

日経225先物やFXというのは、自分自身で考え、自分自身で判断をしてエントリーをするものです。

個別銘柄だってそうです。

それなのに、銘柄選択や売買時期を人まかせにしようとする人がいます。

巷に出回っている情報商材には、売買銘柄の配信やトレード時期の配信をしているものがあります。

自分で考えなければならないと分かっているのにこの様な商材を買う人は後を絶ちません。

なぜそうなるのかというと、行動経済学の観点から考えると、これには2つの理由があるのです。

それは、「情報不可に寄る思考停止」と「後悔回避」という心理状態によるものなのです。

まず、一つ目の「情報不可に寄る思考停止」です。

人間は白か黒かという具合に比較的単純に答えを出せるものは得意なのですが、判断をする要因が多くなればなるほど

脳の中で情報を処理することが難しくなり、考えるのが面倒になって人に頼りたくなるという感情が出てきます。

複雑な悩み事が出てくると占い師に見てもらいたくなるという心理です。

トレードにおいては、市場全体の動向やトレンドの方向、調整なのかトレンド方向への動きなのか、

調整になってからどのくらいの時間が経過し、どのくらいの割合の値幅になっているのか、

オシレーターは買われすぎなのか、売られ過ぎなのか等、多くの要因を考慮して判断する必要があります。

あまりにも考えるべき情報が多いために、こういうことを考えるのが面倒で思考停止に陥ってしまい、

「とにかく儲かりそうな銘柄を教えてくれ!とにかく利益になりそうなエントリー価格を教えてくれ!」

ということになってしまうのです。

でも、これはコイン投げに頼るのとあまり変わりません。

当たるかもしれないし、当たらないかもしれないのです。

おそらく、聞いている方も確実に教えてもらった銘柄が上昇するとは思っていないでしょう。

教えてもらった価格で買えば確実に利益になるとは考えていないでしょう。

それにも関わらずなぜか人に聞こうとするのです。

このなぜか人に聞こうとする心理が、もう一つの理由である「後悔回避」なのです。

エントリーするかしないかを決めるということは度胸のいることです。

買った場合に絶対に上に行くとは限りませんから、下に言って損失を被る可能性は否定出来ないのですね。

当然損することもあるのです。相場に100%はないと誰もが分かっているのです。

だからエントリーする際には、上がるかもしれないし、下がるかもしれない。

でも上がる可能性が高いと考えているから度胸を決めて買うのです。

でも、もし上手くいかなかった場合に後悔したくないのも人間です。

損失をだしたことを自分のせいにしたくないのです。

これは人間ならごく自然なことなのです。

人は意思決定にあたって後悔を回避したいと思うものなのです。

だから、人に聞いて、その人の言う通りに売買をした方が気分が楽になるのです。

「あの人の予測はよく当たる。」

「あの人の言うことは正しい。」

と信じることはとても楽だし、仮に当たらなかったとしてもそれは自分の責任ではなく

当てることができなかった ”あの人” のせいにできるのです。

これも先ほどのコイン投げと同じ心理なのです。

つまり、自分のせいで後悔したり、損失が生じたりすることを避けたいと思う気持ちなのです。

でも相場で儲け続けるためには誰かの支持に従っていてはダメなのです。

自分自身で考えて考えて考え抜く必要があるのです。

決して思考停止に陥ってしまってはダメなのです。

柔軟に多くのシナリオを考えて相場の動きに対して柔軟に対抗することが利益に繋がるのです。

だからしっかりと相場の勉強をしなければならないのです。












このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下の2つのバナーを1回ずつクリックお願いします。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ブログランキング

良いお年をお迎えください。

2019 - 12/30 [Mon] - 15:49

今日で今年の相場は終了しました。

この1年も楽しく相場に向き合うことができました。

相場の世界で生き残っていくこと。

それはいかに損失を少なくするかだと思っています。

利益を得なければお金は増えていきませんが、損失が大きくなればお金は減っていきます。

儲けたいという気持ちはどんどん大きくなり、損したくないという気持ちもどんどん大きくなる。

儲けたいから小さな利益でも利益を確定してしまう。

損したくないから小さな損失では損失を確定しない。

そして、大きな耐えきれない損失になってから投げることになる。

これらのことにより、多くのトレーダーが1年を通じて損失になるのだと思います。

相場で儲けるためには、まずは損失を少なくすることが最優先です。

今年、儲かったトレーダーのみなさんは、小さな損失を受け入れた方々のはずです。

相場の原理原則に従えば、多くのトレーダーが年末を笑顔で迎えられると思います。

来年の年末には、このブログを見ている全員が笑顔になっていることを願っています。

今年も1年、ブログを見ていただき有り難うございました。

来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。

シートベルトとヘルメット

2019 - 12/09 [Mon] - 16:15

株式投資をしている人の8割から9割は負けていると言われています。

FXや先物取引をしている人の9割は負けていると言われています。

負けている人の大半は相場の世界から退場していきます。

どうして退場してしまうのでしょうか。

退場するということは、相場を行うための資金が無くなってしまうということです。

なぜ投資資金が無くなってしまうのでしょうか。

その理由はとても簡単なことなのです。

お金を失うような投資をしているということです。

つまり、大きな損失を出しているということです。

大きな損失を出すと投資を続けていくことが困難になるのです。

ですから、大損をしてはいけないのです。

絶対に大損をしてはダメなんです。

相場では「損小利大」が大切なんです。

「損小利大」を行うために必要なことは、損を小さくして利益を大きくすることです。

読んで字の如しなのですね。

しかし、それを実行している人が少ないから退場するのです。

損を小さくするというのは、小さな損失を受け入れるということです。

エントリーする前にロスカットの価格を決めておいて、そのロスカット価格になったら確実にロスカットをするということです。

これをしないから相場の世界から退場してしまうのです。

これをしないから大損をしてしまうのです。

多くの人はロスカットをしなければダメだとわかっていながらロスカットをしないのですね。

含み損になっても、我慢すれば自分のエントリー方向に戻るだろうと希望を持ってロスカットせずに元に戻るのを待っているのです。

このブログを読んでいる多くの人は車の免許をお持ちですよね。

そして車を運転する時にはシートベルトを着用しているはずです。

なぜ、シートベルトを着用するのでしょうか。

着用しないと違反切符を切られるから?

本当の理由は違いますよね。

シートベルトは事故があった時に自分の身を守るために着用するのですね。

シートベルトを着用しないで事故にあえばシートベルトを着用している時よりも怪我が大きくなる可能性があります。

最悪の場合、死亡してしまうかもしれません。

バイクに乗る時はヘルメットを被りますよね。

ヘルメットも自分の身を守るために被るのですね。

シートベルトをしないで車を運転したり、ヘルメットを被らないでバイクを運転したら自分の生命を脅かす可能性が高くなるのです。

相場におけるロスカットというのは、このシートベルトやヘルメットと同じ効果があるのです。

自分の身を守るため、つまり自分の資金を守るためにロスカットという防護をするのです。

事故というものはあらゆるところで一定の間隔で必ず発生しているのです。

相場における事故も同じです。

絶対に起こらないということはあり得ないのです。

5シグマ級の変動が必ず起こるのです。

そしてそれはいつ起こるかは誰にもわからないのですね。

ですから、防護をしておく必要があるのです。

ロスカットとは私達の大切な資金を守る防護装置なのです。

株式市場に参加するためにはお金が必要です。

しかし、株式市場は私達のお金にとって安全な場所ではないのです。

それがいかに強いトレンドの相場であっても安全ではないのです。

ロスカット価格のことをストップ価格とも言いますね。

このストップの意味は次の様なことです。

「ストップ注文」とは保有する株が、自分の指定した価格に下がったら売るようにする注文のことです。

この注文がストップと呼ばれるのは、自分のポジションに関してそれ以上の損をストップさせるからです。

ストップがかからなければ、どこまでも損失が大きくなるのです。

そして資金がなくなり、相場の世界からの退場という事実が待っているのです。

エントリーする前には必ずロスカット価格を設定してくださいね。

そしてそのロスカット価格は必ず守ることです。

最初に決めたロスカット価格を守るのです。

絶対にロスカット価格をズラさないでください。


もう少しロスカットについて考えてみましょうか。

ロスカットについてはどんなに多く書いても書きすぎということはないと思います。

それは、何回も書かないとロスカットを受け入れることができない人がいるからです。

エントリー時にロスカットを決めて、エントリーしても逆指値でロスカットの注文を入れておかないと大変なことになります。

株価の動きがゆるやかなときはちゃんとロスカットができるのですが、急激な動きになると固まってしまいロスカットできなくなります。

例えば23530円で買いエントリーをしたとします。

そしてロスカットを23490円に設定したとします。

株価が23530円から徐々に下落してくると「そろそろロスカット価格だな。ロスカットの準備をしておこう」と考え発注準備をすることが可能です。

しかし、23530円でエントリーした後23550円を付け、1回目の利食いまで後10円になった場合は、利食いの指値を入れてあるはずです。
ところが、23550円から急落したらどうなるでしょう。

急落中に23560円で入れていた利食い注文をまず取り消さなければなりません。

そして注文を取り消した後に、新たにロスカットの注文を入れるのです。

その時に株価はさらに下落していて23450円になっていたらどうでしょう。

設定していた23490円を割ってしまったらどうするでしょうか。

ほとんどの人はここでロスカットをするのをためらいます。

最初に想定していたロスカットは23490円でした。それが今では23450円まで下落しているのです。

仮にmini10枚でエントリーしていたとしましょう。

40円のロスカットを設定していたので、想定損失は40,000円でした。

しかし、現在の株価は23450円ですから、ここでロスカットをすると-80円になりますので80,000円の損失を受け入れなければならないのです。

40,000円想定のロスカットが80,000円と2倍の損失になったのです。

この損失を受け入れることができるでしょうか。

「ここまで急落して、大きな含み損になったのだから、ここから少し損が増えても同じだ。もう少し様子を見よう。」

「大きな損失は受け入れられないから我慢をして、株価が戻ったら小さな損失で返済しよう。」

「もうどうしようもない。このまま見ているだけにしよう。」

こんなことを考えるようになってしまうのです。

23490円設定のロスカット価格が23450円になってしまったのですから最悪のことが起きたと考えてもおかしくはありません。

しかし、ここでロスカットをしなければ最悪のことは実は最悪ではなく、もっと最悪のことがあったということに後になって気づくのです。

23370円まで下落して、我慢できなくなり、損切りをするのです。

こうなったら本当に最悪です。

23530円で買った10枚は-160円となり、160,000円の損失になります。

当初の損失予定価格は40,000円だったのです。

それが4倍もの損失になってしまうのです。

最初に最悪だと感じたロスカットを執行すること以外に自分の身を守る方法があるのでしょうか。

もしかしたら株価がエントリー価格まで戻るかもしれません。

しかし、このまま下落して追証にかかるまで損失が膨らむかもしれません。

ロスカットを受け入れるのか、我慢するのかは自分次第なのです。

相場の世界から退場するという最悪のことを避けるのであれば、どんなに嫌でも、どんなに苦しく感じてもロスカットをしなければならないのです。

ですから、エントリーした後は逆指値でロスカット注文を入れておくことをおすすめします。

ロスカットというのは、小さな損失を受け入れることです。

自分の大切な資金を守るための保険なのです。

ロスカットを受け入れると一時的には損失が出ます。

この損失を保険料だと考えてください。

保険料というコストがかかりますが、長い目で見ると間違いなく、自分の資金を守ることができます。

人は物事を否定的に捉える傾向があります。

・ロスカットをするということは負けトレードになったということです。

・ロスカットをするということは損失になったということです。


これを肯定的に捉えたらどうなるでしょう。

・ロスカットをするということは、負けトレードによって損失リスクを限定することです。

・ロスカットは株価が自分の思惑とは逆に動いた時に小さな損失を受け入れることにより、自分の資金を守ることです。


トレードをしている人の中には、どんなに小さな損失でも受け入れたくないという人がいます。

勝率100%でなければ嫌だと考える人がいます。

自分が間違っていると認めたくない人がいます。

私だってそうですよ。

負けは認めたくないんです。

損失は出したくないんです。

勝率100%がいいに決まってます。

でも、無理なんです。

トレードをしている限り、損失は必ず訪れるのです。

負けトレードを認めたくないと執着している限り、自分のお金がどんどん減っていくのです。

大切なお金がどんどん減っていくのを見ているよりも負けを認めてしまったほうが私はいいと思います。

だって、相場をやっている理由は勝つことではなく儲けることですからね。

儲かるトレーダーと損するトレーダーの違いは、

☆小さな損失を受け入れることができる能力があるのかどうかです。

私達は小さな損失を受け入れ、大きく儲けることができる場面では大きく儲けるのです。

これを素直に実行していけば、必ず証券口座の残高は増えていきます。







このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下の2つのバナーを1回ずつクリックお願いします。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ブログランキング

自分で選んだモノは満足度が高い!

2019 - 12/07 [Sat] - 14:00

休みの日に街に出ると、多くのモノの誘惑にかられます。

ウィンドウショッピングのつもりが、どうしても欲しくなって買っちゃうことってありますよね。

人は何か品物を買う時、一般的に人から勧められて買ったものより、自分の判断で買ったもののほうが、満足度が高いという傾向があります。

これは実際に品物が良いものか悪いものなのかは関係なく、誰の意志で選んだのかが影響してくるという不思議な心理です。

この理由というのは、

「人は誰でも自分が高い能力を持っていて、かつ自分自身で判断やコントロールができる」

と思い込む傾向があるからです。

これは、「自信過剰バイアス」とか「コントロール・イリュージョン」と言われるもので、誰にでも多かれ少なかれこの傾向があります。

株式投資を始めて1年や2年儲かり続ける人がいます。

ひとつの例では、2013年か相場に参加している人の多くは株式投資で2年ほどは儲かっていたようです。

その理由は誰にでもわかりますよね。

2012年の年末の日経平均株価は9000円台でしたが、2014年末の日経平均株価は18000円まで2倍になっています。

アベノミクス効果により、株価が大きく上昇したのですね。

適当な銘柄を買っていたとしても大きく上昇している可能性が高いのです。

ですから、儲かっているのです。

この様な経験をしている人は、

「なんとなく株を始めてみたけれど、株って儲かるもんなんだなぁ」

「いや、株が儲かるのではなく、自分は株式投資の天才なのかもしれない。」

と思ったりします。

しかし、永遠に上がり続ける相場というのはありませんから、いつかは必ず大きな下落に出会うことになります。

そうなった時には、それまで儲かっていた人たちの多くが損失を被ります。

損失を被った時にはどんな言葉が出るのでしょうか。

「今まですごく上手く運用していたのに、悪材料が続いたものだから損をしてしまった。」

「想定外のニュースがあったのだからこの損失は予測できなかった。」

このように、儲かったのは自分の実力で、損したのは外部要因のせいと思い込むのです。

これが、「自信過剰バイアス」そのものです。

不思議なことに、株式投資をする人の多くは、この自信過剰バイアスに陥る傾向が強いようです。

結果として、いつまで経っても自分の失敗を認めることが出来ず、反省をしても、その反省を次のトレードに活かすことができなくなってしまうのです。

これって、投資に限ったわけではありません。

サラリーマンの場合、多くの人がこのバイアスに陥るのです。

そして、それは人事評価に対する不満という形で現れます。

仕事に対する自分自信の評価は上司の評価より高くなる傾向があります。

自分の実力はもっと上なのに評価してくれないということになるのです。

人事は自分の能力をちゃんと評価していないという不満になるのです。

これは、ほぼ間違いなく自信過剰バイアスと考えてもいいでしょう。

自信過剰バイアスがまずいのは、それが、「冷静に分析して判断する」ということを出来なくしてしまうからです。

トレードで損失を被った時に、その理由を環境や悪材料のせいにしてしまうことで失敗した本当の原因がわからなくなり、

いつまで経っても上達しなくなってしまうのです。

この様なことをなくすためにも、毎日しっかりと相場日誌をつけて、その日のトレードの復習をしていかなければなりません。

その日の復習をするのにもドリームチャートなどの練習ソフトが役立ちます。

ドリームチャートは15日間の無料お試し利用ができます。

http://dream-chart.com/

場が引けた後に、データ更新をして、その日の動きを再生しながら、もう一度トレードするのです。

こうすることにより、実際のエントリーポイントが早すぎたのか遅すぎたのか、それともしっかりと思ったところでエントリー出来ていたのかを判断することができます。

そして、早すぎたり遅すぎたエントリーの場合は、なにがその原因だったのかを調べ、次のトレードからは同じことを繰り返さないように確認していけばいいのです。

実売買をされている方も、毎日復習をかかさずに行ってくださいね。

明日のチャートを見ることができて予習ができると最高なんですけどね。(笑)





このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下の2つのバナーを1回ずつクリックお願いします。 おかげで今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ブログランキング

 | HOME |  »

私の本・DVDを紹介します


「リピート系自動売買・裁量トレードのトリセツ」
~僕が億り人になれた理由~


「株・日経225先物・FX すべての答えはチャートにある」
~相場を生業とする個人事業主として生きる~


幸せなお金持ちに
なるための
日経225先物
必勝トレード術


【増補改訂版】 日経225先物 ストレスフリーデイトレ勝利の方程式


幸せなお金持ちになるための
FXストレスフリートレード術


ついてる仙人がが大切にする
トレードルール99plus1


【増補改訂版】 株・日経225先物 勝利のチャート方程式


幸せなお金持ちに
なるための
株・日経225先物
儲ける「勝脳」の鍛え方


【DVD】運とツキを呼ぶ 225先物デイトレードのシナリオ売買
tuiterudvd.gif
新品DVD \5,184- 
ご購入は→こちら←

DVD 運とツキを招く 225先物の実践取引
untotsuki.gif
新品DVD \4,104- 
ご購入は→こちら←


ひと押しが私のモチベーションです

マネースクエアさん

マネースクエアさんで 口座を開き取引開始で
ついてる仙人の本を
もれなくプレゼント!
マネースクウェア・ジャパン タイアップ

岡三オンライン証券さん

岡三オンライン証券さんで 口座を開き取引開始で ついてる仙人の本を プレゼント!
岡三オンライン証券 日経225先物取引

ついてる仙人をお気に入りに追加

プロフィール

ついてる仙人

Author:ついてる仙人
「ありがとう」を言うだけで幸せな人生が待っています。
天国言葉で人生を楽しく楽に生きている「ついてる仙人」です。
そして日経225先物とFXの売買の考え方を随時公表していきます。

カレンダー記事リンク

カレンダーの日付をクリックすると、その日のブログを見ることができます。
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント19

openclose

ブログ更新メール通知はこちら

RSS更新通知パーツ

検索フォーム

DREAM-CATCHER

ドリームチャート

役立つインジケーター

MT4(メタトレーダー4)とトレードステーション用の トレンド及び波動状況インジケーター等の販売サイトです。

DCトレードサービス
https://dctrade.stores.jp/


相場塾講師のブログ

人生を楽しく楽に生きる日記集

・2万5千回のありがとう

「ツキ」と「運」

お金の途絶えない財布の作り方

「ことば」と「諭吉様」の話

金欠病は習慣病

努力はしちゃダメだよ

トイレの神様

ご機嫌?不機嫌?

会社と恋する?愛する?恋愛する?

幸せな国と幸せな会社

自己重要感のすすめ

世の中どうでもいい

世の中の人には事情がある

君は何のために働くんだい?

毎日感動すると人生は楽しい

お金儲けってステキなこと

刑務所の塀の上を歩いている

鈍行列車

私はシンプルに生きています。

1854年の手紙

幸せは幸せを呼ぶ

真の教育とはなんだろう?

世の中には流れがある

運命は変えられる

お金ってなんだろう?

自由への一歩

時空を超える「与える心」

読書は心の栄養

楽しくなければ仕事ではない

お金ってな~に?

実行しよう

心の栄養

思いやり

笑うだけで楽しくなるんだよね。

人間は感情があるから怒るのは当たり前だ

今日という日

人生の師がいると成功への道が見える

幸せは心が決めている

たった一度の人生

すべては今始まる。そして運が始まる。

ありがたい ありがたい

億万長者になるためには?

金欠病のテスト

金欠病のテストの続き

幸せな国と幸せな会社

人はなぜ怒るのだろう?

遊んだときの消費カロリー

電車の席をゆずりますか

ケーキを仲良く分ける方法

期待するから苦しくなる

梅干食べてスッパマン

商人は「えこひいき」するんです。

ミスを楽しもう

正しいか正しくないか?

株式市場は動物園

夢を小さく持とう

ちょっとアホになろう

眼力

勝ち組・負け組

天国言葉と地獄言葉

いいこと?悪いこと?

今日の気分は◯?☓?

常識を破る

人を責めると自分が辛くなる

向き・不向き

できる・できない

今、この瞬間が幸せ

今という時間は神様からの贈り物

人間が本能的に持っている感情

やわらか頭だけではなくすべてやわらかく

儲かる人と儲からない人の違い

あなたの夢はなんですか?

人間はひとりでは生きられない

人間は感情で動くもの

人は他人と自分を比べて生きている。

幸せの感じ方

執着せずに楽しく生きよう

言葉は人生を決める

不安を感じながら生きよう

卒業生に贈る言葉

仕事は楽しい!

今の仕事は天職?

人間の心は熱気球

人間だけにある笑う能力、泣く能力!

忙しく暮らしていると見えないものがある

言葉は宇宙を旅して戻ってくる

三日坊主は当たり前

自分を作っているのは自分の心

使われないものは退化する

抽象的な目標ではなく具体的な目標を立てる

「ミミズ」と「もぐら」

相場ごっこ

相場で儲かるのも、「うさぎ」よりも「かめ」だった。

家は3軒建てると理想の家になる

私たちにできること

動いて当然だから感謝する。

ジャイアンになろう。

気づいた時がやり時!その時!

仕事と遊び

トレードは楽しい社長業

閻魔様に舌を抜かれるぞ!

一線を超えるから叱られるんだ

ハングリー精神

「はく」というもの!

ケチな人とケチではない人

幸せなお金持ちになろう

トレードでプレッシャーを感じないために!

相場はロールプレイングゲーム

あれ?どこに置いたっけ?

子供ってスゴいんです。

1万時間の法則

タイムマシン

幸せなケチという生き方

人間は非力だからすごい

ビギナーズラック

必死でやると必ず死んじゃいます。

行動力がお金持ちを生む

がんを見つけるPET検査って知ってますか?

お金を貯める方法

何年たったら相場の上級者?

カラスとヘビ

仕事は誰のためにするのか

馬の合わない人

お金は大切なものです

儲からない。どうして儲からないんだ。

10人のインディアン

バランスをとる

アリとキリギリス

生き金と死に金

なぜ、お金が貯まらないのか?

塩を運ぶロバ

ザクロとリンゴといばら

キツネとオオカミ

イタチとやすり

相場のカーナビ

シャンパンタワーの法則

砂糖水と塩水

自分で考えることが大切!

トイレに行くとき、どうする?